簡単に管理する| ISO9001で品質の向上を試みる〜業務遂行マネジメント〜

ISO9001で品質の向上を試みる〜業務遂行マネジメント〜

簡単に管理する

システム

わたしたちは日々、言葉を使ってコミュニケーションを取り、あるいは言葉を使ってさまざまな仕事を進めたり、ということをしています。そして、たとえば企業で何らかの業務を行う、というところに話を絞ってみたとき、そこでやり取りされる言葉は「文書」という形を取ります。というわけで、それらの文書を管理するその名も「文書管理」のお話をしようと思います。とはいえ、文書管理の必要性なんてわざわざ言葉にしなくても、大体のことは分かりますよね。つまり、文書管理が必要だということは、会社の文書を使った仕事とかに限らず、普段片付いていない部屋で何かをしようとすると難しくなることがあるでしょう。整理されていなくて、アレもないコレもないというふうになっていたら、何ごとも進みませんね?企業での文書管理は、現在では紙媒体のものから電子媒体のものにも対応できるようになっています。管理のためのソフトが開発され、導入されているわけです。管理ソフトの働きによって、電子メディアを利用した文書を閲覧すること、参照すること、保存することが可能になっています。特に、機密を扱った文書を保存するのに、ソフトの働きは重要なものになります。機密というのはどの企業にもあるものですが、「機密」という響きから想像さよれるうなスパイ映画的なことだけではなく、企業の経営方法の基本を示したものだとか、そういうものも含まれています。機密というもの、またそれを記した機密文書というものは、社外に漏れては困るもの一切を指しているわけです。そして、「社外に漏れる」ことをふせぐために、管理ソフトが使われているのです。